一見、うつ病に見えて実は、全く違うのがⅡ型双極性障害です。

 

躁うつ病とも、ほとんど別の病気という人もいます。

 

Ⅱ型双極性障害は、そこそこ元気な時がしばらく続いたのち、うつに落ち込みます。

うつ病の治療を受けて治ったと思っていたのに、しばらくするとまたうつに落ち込みます。

そこで間違って、「うつ病の再発」と診断されると再び抗うつ剤によるうつ病治療に逆戻りです。

そして2回目のうつ病が治療で治った、と思っていたら、またしばらくして落ち込んでくるのです。

 

そこそこ元気なときから地滑り的にうつに落ち込み、それにもがき苦しんだのち、少しづつ気分が

安定してきます。

 

うつ病がたびたび再発しているのだと誤解されると、ずっとうつ病の薬を飲み続けたり、

 

その量や種類がどんどん増えていくパターンに陥りやすい傾向があります。

躁うつ病の薬とは違って、Ⅱ型双極性によく効く薬が出ていて、それ1種類だけ(または2種類)

 

で安定するケースもあります。認知行動療法を併用するとより一層安定します。