うつ病は気分が落ち込んで自分を責めます、また集中力が落ちて頭に入らなくなります。適応障害は仕事の時だけ落ち込み、遊ぶときは元気です。うつ病は何をやっても気分の落ち込みが取れません。

 

おおよそ6週間以上、次の症状がずっと続いています。 

1)抑うつ(特に朝の落ち込みがひどい)

2)意欲低下(何もする気になれない)

3)易疲労感(体がクタクタで時に動きたくない、体に力が入らない)

4)集中力、(決断力)(記憶力)の低下

5)自己評価と自信の低下

6)自責感(自分がダメだと繰り返し執拗に自分を責める)

7)将来に対して希望がもてず悲観的になる(目の前が真っ暗になる)

8)希死念慮(消えて無くなってしまいたい)

9)不眠(入眠できない、夜中に目が覚める、早朝覚醒がある、熟眠感がない)

10)食欲不振

雨の日と月曜日がうつっぽくなるのは、うつ病ではありません。

治療は「認知行動療法とSSRIかSNRIの併用」、抗うつ剤で効果が見られない場合や副作用が酷い場合は

「認知行行動療法と漢方の併用」の選択肢があります。